高津整体院 > 施術対象の主な症状 > 動作の開始時に腰が痛い

動作の開始時に腰が痛い

寝ていて起き上がるとき、座っていて立ち上がるとき、歩き始め、
座っていて何かを取ろうとして手を前に伸ばし上体も前に傾ける動作など、体勢を変えるような動作をするときに腰が痛い、
という人は、仙腸関節や腰仙部の可動性が無くなりスムーズに重心の移動ができなくなっている可能性があります。

体勢を変えるとき骨盤に体重がかかります。
このとき骨盤の仙腸関節や骨盤と背骨(腰椎)のつなぎ目(腰仙部)の動きが制限されていると身体の重心をスムーズに移動できません。
スムーズに重心移動できないと、仙腸関節の靭帯や骨盤と腰椎を繋ぐ腸腰靭帯などに過剰な負荷がかかり痛みが出ると考えられます。

動いていると自然に体をかばう動き(補正作用)になるので痛みが出なくなります。