高津整体院 > 整体対象の症状 > 恥骨の痛み

恥骨の痛み

恥骨、恥骨結合とは

骨盤の恥骨、恥骨結合の場所

恥骨は、陰部(性器)の上の股間の硬い部位で、片手くらいの範囲です。
中央で、恥骨結合という軟骨と靭帯により左右の恥骨がつながっています。
鼡径部は、股関節を曲げるとシワができるラインでいわゆるVゾーン、ビキニラインと呼ばれるエリアになります。
股関節は、鼡径部のほぼ中央の奥にあります。
会陰部というのは、このページでは肛門とその周辺、骨盤の下側を支えるエリアを指します。
陰部というのは、性器を指します。

恥骨、坐骨、腸骨、寛骨

恥骨、坐骨、腸骨は元々は別の骨ですが、14~16才くらいまでに癒合して、一つの寛骨(かんこつ)という骨になります。
図『恥骨、坐骨、腸骨の位置』では色分けしていますが、境目は実際には区別できません。
恥骨は、股間から鼡径部の中央くらいまでです。

恥骨、坐骨、腸骨の位置

恥骨付近に痛みを生じる可能性がある組織

長内転筋、白線、腹直筋、外腹斜筋筋膜、錐体筋、鼡径靭帯など。

恥骨付近に痛みを生じる可能性がある組織、長内転筋、白線、腹直筋、錐体筋、鼡径靭帯

考えられる痛みの原因

  • 恥骨結合離開
  • 筋肉や筋膜、靭帯などの組織の緊張
  • 恥骨結合離開

    恥骨、骨盤、仙腸関節、恥骨結合、股関節、坐骨の図
    ※寛骨は、腸骨、坐骨、恥骨が融合したもの。14~16才くらいまでに融合される。

    恥骨結合は、軟骨と靭帯からなっていて、ある程度の動きを許容します。

    恥骨結合部が傷んでいると、動作時に離開や捻れるテンションがかかると痛みが出ます。
    また、恥骨結合が離開していて、仙腸関節に機能障害があると、安静にしていても、恥骨結合に負荷がかかります。
    動作時には更に負荷が増すため痛みも強くなります。

    下図は歩行時の骨盤の動きをイメージしています。
    仙腸関節機能障害による恥骨痛例の図

    歩行はおろか、寝がえりや少し動くのもつらい状態は、恥骨結合離開の可能性があります。
    恥骨結合離開は、
    サッカーやキックボクシングなど、強く蹴るような動作をしていると、恥骨結合の靭帯が傷み、離開(恥骨結合離開)を起こすことがあります。
    また、出産時に恥骨結合が過度に緩んだ場合、恥骨結合軟骨が損傷してしまうこともあります。
    普段の姿勢から、骨盤の仙腸関節が硬くなって恥骨結合に広がるようなテンションが掛かった状態がつづくと、少しずつ恥骨結合が引き伸ばされ損傷することも考えられます。

    恥骨結合が損傷していると、引っ張り、捻れのテンションがかかった時に、損傷がひどくなるため痛みが強くなります。

    恥骨結合離開は骨盤ベルトで締めるのが基本ですが、装着する位置を間違えると悪化します。

    筋肉や筋膜、靭帯などの組織の緊張

    恥骨痛に関係する筋肉の恥骨、坐骨の付着部

    恥骨や坐骨のには、たくさんの筋肉が付着しています。
    これらの筋肉が短縮していたり緊張していると、筋肉の付着部や付着部に近い筋腹に、動作時に痛みがでることがあります。

    椅子に座って脚を閉じた姿勢を長時間とる方は、恥骨筋や長内転筋が短縮している可能性があります。
    恥骨筋、長内転筋

    腹筋の筋トレをやりすぎて腹直筋が緊張、
    猫背でいつも背中を丸めていて腹直筋が短縮、
    身体を捻る動作をやりすぎて外腹斜筋が緊張、
    内臓脂肪がついたり妊娠してお腹が大きくなると、白線が緊張、
    など、普段の姿勢や動作、体型の変化などで組織が短縮、緊張します。