高津整体院 > 整体対象の症状 > 恥骨の痛み

恥骨の痛み

恥骨、恥骨結合の場所

骨盤の恥骨、恥骨結合の場所

恥骨は、陰部(性器)の上の股間の硬い部位で、片手くらいの範囲です。
中央で、恥骨結合という軟骨と靭帯により左右の恥骨がつながっています。
鼡径部は、股関節を曲げるとシワができるラインでいわゆるVゾーン、ビキニラインと呼ばれるエリアになります。
股関節は、鼡径部のほぼ中央の奥にあります。 太もものつなぎ目の陰部、下腹部の痛みについて、
会陰部というのは、このページでは肛門とその周辺、骨盤の下側を支えるエリアを指します。
陰部というのは、性器を指します。

恥骨、坐骨、腸骨、寛骨の違い

恥骨、坐骨、腸骨は元々は別の骨ですが、14~16才くらいまでに癒合して、一つの寛骨(かんこつ)という骨になります。
図『恥骨、坐骨、腸骨の位置』では色分けしていますが、境目は実際には区別できません。
恥骨は、股間から鼡径部の中央くらいまでです。

恥骨、坐骨、腸骨の位置

痛みの場所と原因

恥骨痛、痛みの場所と原因

恥骨結合部の痛み/恥骨結合離開

恥骨、骨盤、仙腸関節、恥骨結合、股関節、坐骨の図
※寛骨は、腸骨、坐骨、恥骨が融合したもの。14~16才くらいまでに融合される。

恥骨結合は、軟骨と靭帯からなっていて、ある程度の動きを許容します。

恥骨結合部が傷んでいると、動作時に離開や捻れるテンションがかかると痛みが出ます。
また、恥骨結合が離開していて、仙腸関節に機能障害があると、安静にしていても、恥骨結合に負荷がかかります。
動作時には更に負荷が増すため痛みも強くなります。

下図は歩行時の骨盤の動きをイメージしています。
仙腸関節機能障害による恥骨痛例の図

歩行はおろか、寝がえりや少し動くのもつらい状態は、恥骨結合離開の可能性があります。
恥骨結合離開は、
サッカーやキックボクシングなど、強く蹴るような動作をしていると、恥骨結合の靭帯が傷み、離開(恥骨結合離開)を起こすことがあります。
また、出産時に恥骨結合が過度に緩んだ場合、恥骨結合軟骨が損傷してしまうこともあります。
普段の姿勢から、骨盤の仙腸関節が硬くなって恥骨結合に広がるようなテンションが掛かった状態がつづくと、少しずつ恥骨結合が引き伸ばされ損傷することも考えられます。

恥骨結合上部には腹筋などが付着しています。
また、恥骨から坐骨にかけては、下図の『恥骨まわりの筋の付着部位』にあるように、
恥骨筋、長内転筋、大内転筋など、骨盤と大腿を繋ぐ筋肉が付着しています。
これらの筋肉は、股関節を動かしたり、腰を安定させるのに働きますので、日常の動作時には常に働く筋肉です。
動作によっては、恥骨結合に圧迫、引っ張り、捻れのテンションがかかります。
恥骨結合が損傷していると、引っ張り、捻れのテンションがかかった時に、損傷がひどくなるため痛みが強くなります。

恥骨結合離開は骨盤ベルトで締めるのが基本ですが、装着する位置を間違えると悪化します。

『痛みの場所と原因』に戻る

筋肉の緊張からくる痛み

恥骨に付着する筋肉の緊張からくる痛み。
恥骨痛に関係する筋肉の恥骨、坐骨の付着部

恥骨や坐骨のには、たくさんの筋肉が付着しています。
これらの筋肉が短縮していたり緊張していると、筋肉の付着部や付着部に近い筋腹に、動作時に痛みがでることがあります。
特に、恥骨筋や長内転筋は恥骨結合に近い部位に付着しているため、これらの筋肉が硬く短縮すると恥骨結合離開のテンションがかかると考えられます。
また、大内転筋は骨盤隔膜(肛門まわり)に筋膜の繋がりがあるため(アナトミートレインのディープフロントライン)、大内転筋が硬くなることで肛門や生殖器への影響も考えられます。
実際に、恥骨や陰部に痛みや違和感がある方では、内転筋が硬くなっているケースが多くみられます。

恥骨筋と長内転筋は恥骨に付着する筋肉で、椅子に座って脚を閉じた体勢では短縮しています。
筋膜は、伸ばさないと短縮しますので、この姿勢を長時間とる方は、恥骨筋や長内転筋が短縮して方なっている可能性があります。
脚の開脚がどのくらいできるか確認してみてください。 恥骨筋、長内転筋

『痛みの場所と原因』に戻る

筋肉トリガーポイントの関連痛

トリガーポイントとは、筋肉の一部が縮んで硬くなった筋硬結で、押すと痛みがあるポイントです。
恥骨まわりにトリガーポイント関連痛を引き起こす筋肉について、以下に記載します。
ここでご紹介する、トリガーポイントの情報は『筋骨格系の触診マニュアル第2版、株式会社ガイアブックス』を参考にしましたが、書籍によって関連痛の部位が多少違います。目安程度にお考えください。
各図で、
●がトリガーポイントの位置、
赤く塗ったエリアがトリガーポイント関連痛領域です。

大内転筋トリガーポイントの関連痛領域

そけい部、恥骨、股関節、下腹部や骨盤内臓器が含まれます。

大内転筋トリガーポイントの関連痛領域

大内転筋のトリガーポイントは、
筋肉の酷使、長時間の短縮などによって引き起こされる場合があります。
スキー中、乗馬中や、長時間脚を組んで座る、横向きに寝る、など。
また、
内転筋の腱炎・骨膜炎、鼠径ヘルニア、前立腺炎、内臓疾患や女性生殖器疾患、閉鎖神経または陰部大腿神経の絞扼と診断されることがあります。

長内転筋トリガーポイントの関連痛領域

そけい部、股関節が含まれます。

長内転筋トリガーポイントの関連痛領域

長内転筋のトリガーポイントは、
そけい部痛のおもな原因となります。
筋肉の酷使、長時間の短縮などによって引き起こされる場合があります。
乗馬中や、長時間脚を組んで座る、横向きに寝る、など。
また、
内転筋の腱炎・骨膜炎、股関節の変形性関節症、鼠径ヘルニア、前立腺炎、閉鎖神経または陰部大腿神経の絞扼と診断されることがあります。

腸腰筋トリガーポイントの関連痛領域

そけい部、股関節が含まれます。

腸腰筋トリガーポイントの関連痛領域

腸腰筋(大腰筋、腸骨筋)のトリガーポイントは、
過度のエクササイズ(クランチ、カールアップなど)、過度のランニング、過度のキック(サッカーなど)、長時間の筋肉の短縮(長時間座る、丸まった体勢で寝る、強い反り腰など)、脚長差、ズボンの後ろポケットに財布を入れて行動する、などによって引き起こされる場合があります。
また、
大腿神経、陰部大腿神経を圧迫する場合があります。
胸腔下部、腰部、仙腸関節の機能障害、または中錘炎と診断されることがあります。

腹斜筋トリガーポイントの関連痛領域

そけい部、股関節、恥骨が含まれます。

内腹斜筋および外腹斜筋トリガーポイントの関連痛領域

内腹斜筋および外腹斜筋のトリガーポイントは、
過度のエクササイズ(クランチ、カールアップなど)、慢性の咳、長時間捻る姿勢など筋肉の酷使、外傷、内臓疾患、情緒的ストレス、などによって引き起こされる場合があります。
また、
消化性潰瘍、裂孔ヘルニア、虫垂炎、小腸内感染症、尿管疾患、胆嚢炎、月経疼痛、女性生殖器疾患と診断されることがあります。

『痛みの場所と原因』に戻る