高津整体院 > 恥骨の痛み

恥骨の痛み

恥骨

恥骨はどこかというと、骨盤の前下部になります。
左右対になっていて軟骨と靭帯により恥骨結合を形成し連結しています。

恥骨、坐骨、腸骨は元々は別の骨ですが、14~16才くらいまでに癒合して、一つの寛骨(かんこつ)という骨になります。
図『恥骨、坐骨、腸骨の位置』では色分けしていますが、境目は実際には区別できません。

恥骨、坐骨、腸骨の位置

恥骨痛とは

恥骨痛とは何らかの原因で、恥骨や恥骨結合のあたりが痛むものをいいます。

原因によって痛みの種類や出方は様々です。
歩くと痛い、
踏ん張ると痛い、
重い物を持つとき痛む、
朝は痛まないが夕方からだんだん痛くなる、
起床後1時間くらい痛いがだんだん良くなる、
走ったりボールを蹴ったりすると痛い、
何かの拍子に痛む、
など。

恥骨痛の原因

主な恥骨の痛みは、恥骨に付着する靭帯や筋肉の炎症、過緊張や、膀胱炎、尿道炎、鼡径ヘルニアなど病気が原因の場合が考えられます。
何らかの病気が疑われる場合は、最初に医療機関の受診をお勧めします。

歩くと恥骨が痛い例

恥骨結合は、軟骨と靭帯からなっていて、ある程度の動きを許容します。
恥骨結合部が傷んでいて、仙腸関節に可動制限があると、動作時に恥骨結合離開や捻れるテンションがかかり痛みが出ます。

下図は歩行時の骨盤の動きをイメージしています。
歩行時の恥骨痛、仙腸関節可動制限で恥骨結合離開

筋弱化、筋過緊張が原因で恥骨結合離開の負荷がかかることも考えられます。

歩くと恥骨が痛い、筋弱化、筋過緊張が原因で恥骨結合離開

恥骨付近に痛みを生じる可能性がある組織

長内転筋、白線、腹直筋、外腹斜筋筋膜、錐体筋、鼡径靭帯など。

恥骨付近に痛みを生じる可能性がある組織、長内転筋、白線、腹直筋、錐体筋、鼡径靭帯

筋肉の付着部

恥骨に付着する筋肉

恥骨や坐骨には、たくさんの筋肉が付着しています。
これらの筋肉が短縮していたり緊張していると、筋肉の付着部や付着部に近い筋腹に、動作時に痛みがでることがあります。

椅子に座って脚を閉じた姿勢を長時間とる方は、恥骨筋や長内転筋が短縮している可能性があります。

出産後の恥骨結合離開

骨盤は妊娠後期、分娩時に生理的に弛緩状態となりますが、恥骨結合軟骨が弛緩する際、その程度が過度であったり、巨大児の出産などで恥骨結合軟骨が損傷を起こしていると、著明な自発痛や圧痛を示します。
歩行不能となる場合もあります。

診断は、医療機関でのレントゲン撮影(立って撮影と寝て撮影)によります。
通常のレントゲン撮影で恥骨結合の離開が認められない場合でも、立って片足を上げた状態でレントゲン撮影すると恥骨結合の離開・ズレが認められます。

また、妊娠から出産にかけて緩んだ骨盤は、出産後約6週間で元に戻ります。
この間のすごし方次第では骨盤が歪んだまま、固まってしまいます。
産後、
『体重は戻ったのに出産前にはいていたパンツがはけなくなった』場合、
骨盤が広がったまま固まってしまっている可能性があります。
恥骨結合離開で広がった骨盤

恥骨痛の改善

恥骨痛を治すには、何が何で痛みを発しているのか突き止め改善する必要があります。
恥骨結合が離開するテンションがかかって、恥骨結合部が炎症を起こしているのか?
離開するテンションの原因は何なのか?
恥骨に付着している筋肉が過緊張して付着部に痛みを発しているのか?
過緊張の原因は何なのか?

治すには、原因を考察した上で、適切に対処する必要があります。
身体の歪みが原因と考えられるケースでは、
骨盤や脊柱の関節可動制限を解除し、筋肉が緊張し筋膜が短縮して硬くなている部位を緩め、弱化している筋肉の筋力を強化します。
そうすることで恥骨結合部にかかる負荷を取り除きます。恥骨結合部の靭帯が傷んでいる可能性があれば骨盤ベルトで締め付け靭帯を補助する必要があります。
仙腸関節の可動制限や、姿勢が悪いため筋肉が過緊張し恥骨に負荷がかかり痛みを発しているなど恥骨自体は問題ないこともあります。

産後の恥骨結合離開のケア

骨盤ベルトで骨盤を締める

恥骨結合離開のときの骨盤ベルトを着ける位置の説明図

産後、約6週間くらいまでは、骨盤ベルトで骨盤を締めましょう。
骨盤ベルトは10センチくらいの幅の物が使いやすいです。
着ける位置は、骨盤というよりお尻に巻く感じです。
骨盤の上の方に着けると骨盤の下側が広がってしまい、返って恥骨結合が離開してしまいます。
また、キツメのズボンも要注意です。ウエストが締め付けられると、お尻が広がるか、恥骨結合が離開します。

産後、約6週間を経過している場合も、恥骨結合離開は骨盤ベルトで締めるのが基本です。