高津整体院 > 整体対象の症状 > 恥骨痛

恥骨痛

恥骨、坐骨、腸骨、寛骨

恥骨、坐骨、腸骨は元々は別の骨ですが、14~16才くらいまでに癒合して、一つの寛骨(かんこつ)という骨になります。
図『恥骨、坐骨、腸骨の位置』では色分けしていますが、境目は実際には区別できません。
恥骨は、股間から鼡径部の中央くらいまでです。

恥骨、坐骨、腸骨の位置

恥骨付近に痛みを生じる可能性がある組織

長内転筋、白線、腹直筋、外腹斜筋筋膜、錐体筋、鼡径靭帯など。

恥骨付近に痛みを生じる可能性がある組織、長内転筋、白線、腹直筋、錐体筋、鼡径靭帯

恥骨中央と恥骨横の痛み

恥骨中央の痛みは、恥骨結合に過剰な負荷が掛かって恥骨結合をまたぐ組織が炎症を起こしている可能性があります。
恥骨横の痛みは、動作時に痛む場合、長内転筋や恥骨筋などが過剰に緊張しその筋の付着部に痛みが出ている可能性があります。
他に、トリガーポイント関連痛の可能性もあります。

恥骨中央の痛み

恥骨、骨盤、仙腸関節、恥骨結合、股関節、坐骨の図
※寛骨は、腸骨、坐骨、恥骨が融合したもの。14~16才くらいまでに融合される。

恥骨結合は、軟骨と靭帯からなっていて、ある程度の動きを許容します。
恥骨結合部が傷んでいて、動作時に離開や捻れるテンションがかかると痛みが出ます。

下図は歩行時の骨盤の動きをイメージしています。
仙腸関節機能障害による恥骨痛例の図

また、恥骨結合に腹直筋や白線が付着しているため、
筋トレで腹筋や大胸筋(腹直筋に筋膜がつながっている)のやり過ぎで筋緊張していたり、
猫背でいつも背中を丸めていて腹直筋が短縮していたり、
妊婦さんや内臓脂肪が多くついてお腹が大きくなっている人は、白線が緊張して恥骨結合部に過剰なテンションが掛かり痛みを引き起こすことも考えられます。

歩行はおろか、寝がえりや少し動くのもつらい状態は、恥骨結合離開の可能性があります。
恥骨結合離開は、
サッカーやキックボクシングなど、強く蹴るような動作をしていると、恥骨結合の靭帯が傷み、離開(恥骨結合離開)を起こすことがあります。
また、出産時に恥骨結合が過度に緩んだ場合、恥骨結合軟骨が損傷してしまうこともあります。

恥骨結合部の痛みがなかなか治らない場合、仙腸関節に問題があり恥骨結合に過剰なテンションが掛かっている可能性があります。

恥骨結合離開は骨盤ベルトで締め圧迫するのが基本ですが、装着する位置を間違えると逆に離開するテンションが掛かり悪化します。

恥骨横の痛み

恥骨痛に関係する筋肉の恥骨、坐骨の付着部

恥骨や坐骨のには、たくさんの筋肉が付着しています。
これらの筋肉が短縮していたり緊張していると、筋肉の付着部や付着部に近い筋腹に、動作時に痛みがでることがあります。

椅子に座って脚を閉じた姿勢を長時間とる方は、恥骨筋や長内転筋が短縮している可能性があります。
恥骨筋、長内転筋