高津整体院 > 用語集 > 自原抑制(腱器官の反射)

自原抑制(腱器官の反射)

自原抑制(腱器官の反射)は、
過剰な張力(強すぎる筋の収縮力)によって、筋や腱が破断するのを防ぐ。
筋や腱が破断する前に筋を弛緩させる。

自原抑制の過程

腱にかかる張力が大きくなると腱器官が刺激されインパルスが発生する。

インパルスは感覚ニューロン(感覚神経)を伝わり脊髄に送られる。

脊髄では、感覚ニューロンは同じ筋の運動ニューロン(運動神経)の活動を、介在ニューロンを介して抑制する。
運動ニューロンのインパルスが弱くなる。

その腱の筋が弛緩し腱にかかる張力が小さくなる。