間欠性跛行(かんけつせいはこう)

間欠性跛行とは、
ある距離を歩くと下肢の筋肉に痛みが生じ、歩行を続けることが出来なくなり、しばらく休むと痛みが消え歩行できるが、歩行するとまた同様の痛みが出現する病態をいう。