高津整体院 > 施術対象の症状 > 自律神経失調症

自律神経失調症

自律神経性の症状をもち、
これに見合う器質的変化がなく、原因も不明で、
交感神経と副交感神経の調節のバランスが崩れている状態を、
自律神経失調症(自律神経不安定症、自律神経緊張異常症)といいます。

自律神経失調症の症状

頭痛、めまい、疲労感、不眠、ふるえ、手足の冷え感、皮膚が紅潮または蒼白になる、発汗異常、動悸、息切れ、胸部圧迫感、胸痛、食欲不振、胃部膨満感、便秘、下痢、多尿、乏尿など多彩で、
症状により、心臓神経症、胃腸神経症、呼吸神経症などといわれます。

頭痛 めまい 鬱 冷え 発汗異常

心臓神経症

器質的心疾患がないのに、心臓に関係した種々の症状を示し、心臓病で死ぬのではないかというような不安と恐怖を感じ悩む状態です。
症状は、動悸・窒息感・胸痛・疲労感・不整脈などがあります。

動悸、息切れ

胃腸神経症

検査では異常が認められないのに、諸種の消化器系の身体症状を主訴とするものです。
症状は、悪心、嘔吐、胃部腹部膨満、腹痛、食欲減退、便秘、下痢などがあります。

食欲不振 便秘、下痢

自律神経が失調する原因

一般的には、体質や性格、手術、妊娠、疲労、精神的ショック、ストレスなどがきっかけになるといわれています。

骨格の歪みが原因になることも考えられます。
自律神経は脊柱の全面を網目のように走行しています。
猫背やストレートネックなど、骨格が歪むことで自律神経が刺激されバランスが崩れると考えられます。

自律神経失調症の一般的な治療

一般的には、基本は精神療法で、補助的に精神安定剤や自律神経遮断剤などを併用します。
骨格の歪みがある場合は、骨格を整え、自律神経に余計な刺激が入らないように調整することが大事です。

サイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.