高津整体院 > 施術について

施術について

カイロから筋膜リリースへ

ソフトな手技で筋膜をリリースし滑走性を改善します。
ストレッチと違って伸ばすわけではありません。
深部の筋膜(骨膜)は関節包につながっているため関節の可動性が向上します。
同時に筋肉の緊張もとれ組織が柔軟になるため、可動制限による痛みや血行不良による凝りなどが改善します。
最近では、筋膜の滑走性が無くなることで痛みや凝りを発症している場合が多いということが分かっています。

カイロプラクティックの矯正でも、関節を矯正することで可動性が向上しますが、筋膜からのアプローチは身体の運動連鎖を考慮したより安全安心な施術です。

メンテナンスと症状改善

骨盤、股関節、背骨、腰の筋肉、胸郭(肋骨)、肩、膝、足首などを、可動性の評価をした上で必要に応じて調整します。
症状改善が目的の場合は、症状に関係する部位に重点をおいて調整しますが結局は全体の調整が必要です。
例えば、
肩こりの場合、主に僧帽筋という首から肩甲骨に付いている筋肉が疲労し凝りや痛みを発しているケースが多いですが、
僧帽筋の疲労の原因は背中を丸めているため肩甲骨が前のめりになり僧帽筋が常に引っ張られいるからです。
肩を揉んで軽くなったとしても、その時だけで、背中が丸くなっているのを治さない限りすぐに凝ってきます。
さらに、背中が丸くなるのも、腰や骨盤、股関節などの捻れ、傾きなどが関係しています。
結局は全体的に調整する必要があります。

筋膜リリース

Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.