高津整体院 > 施術対象の症状 > 鼡径部の痛み

鼡径部の痛み

鼡径部の位置

鼡径部(そけい部)とは、脚の付け根の前側を指します。
奥には股関節があります。

鼡径部の位置

鼡径部の痛みに関係する組織

腸腰筋

鼡径靭帯と腸腰筋(大腰筋・腸骨筋)

※図 ネッター解剖学図譜(丸善 株式会社、相磯貞和 著)の『鼠径靭帯と腸腰筋』と『腸腰筋』より

脚の付け根には、骨盤の恥骨・恥骨結節から腸骨・上前腸骨棘に鼡径靭帯という靭帯が張っています。
この鼡径靭帯の奥には、腸腰筋(大腰筋と腸骨筋)・大腿動脈・大腿静脈・リンパ管・大腿神経・外側大腿皮神経などが通っています。
鼡径靭帯には、腹筋の筋膜や大腿の筋膜が付着します。

動作時の鼡径部の痛み

動作時、鼡径部(脚の付け根の前側)にズキンとした痛みがでる、押すと痛い、張ってる感じの痛みがある。など。

鼡径部(そけい部)の痛み・腰椎後わん

骨盤や背骨が歪むと、腹筋や大腿の筋膜が緊張し鼡径靭帯に負荷がかかったり、腸腰筋(大腰筋と腸骨筋)が引っ張られて無理がかかり、突っ張るような痛みがでることも考えられます。

腸腰筋の特に大腰筋は、腰椎が後湾していると張りやすい状態となり、座りっぱなしで脚を曲げた状態(股関節を曲げた状態)が続くと縮んで硬くなって、左右どちらかの下腹部から鼡径部にかけて、つれるような痛みがでることがあります。
また、股関節がスムーズに動かなくなることもあります。

トリガーポイントの関連痛

トリガーポイントとは、筋肉の一部が縮んで硬くなった筋硬結で、押すと痛みがあるポイントです。
鼡径部にトリガーポイント関連痛を引き起こす筋肉について、以下に記載します。
ここでご紹介する、トリガーポイントの情報は『筋骨格系の触診マニュアル第2版、株式会社ガイアブックス』を参考にしましたが、書籍によって関連痛の部位が多少違います。目安程度にお考えください。
各図で、赤く塗ったエリアがトリガーポイント関連痛領域です。

大腿四頭筋

大腿四頭筋は、大腿直筋、内側広筋、外側広筋、中間広筋からなります。
大腿四頭筋トリガーポイントの関連痛領域
図の左(前から見た図)は、大腿直筋、内側広筋、中間広筋の、
図の右(横から見た図)は、外側広筋の関連痛領域を示しています。
※中間広筋は、内側広筋と外側広筋の間、大腿直筋の裏にあります。図には描いていません。

恥骨筋

恥骨筋トリガーポイントの関連痛領域
恥骨筋のトリガーポイントは、
鼡径部の深部に鈍痛を引き起こす傾向があります。
変形性股関節症と診断されることがあります。
また、変形性股関節症を引き起こす場合もあります。

外腹斜筋および内腹斜筋

内腹斜筋および外腹斜筋トリガーポイントの関連痛領域
腹斜筋のトリガーポイントは、
そけい部に疼痛を引き起こす傾向があります。

大内転筋

大内転筋トリガーポイントの関連痛領域
大内転筋のトリガーポイントは、
鼡径ヘルニアと診断されることがあります。

長内転筋

長内転筋トリガーポイントの関連痛領域
長内転筋のトリガーポイントは、
鼡径部痛の主な原因となり、股関節の外転(開脚)を制限します。
変形性股関節症、鼡径ヘルニアと診断されることがあります。

Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.